早朝に登場!『工場Photoツアー』開催!

小名浜の産業を支える沿岸域の工場地帯。その雄姿を写真に収めに出かけよう!


戦後の高度経済成長を期に小名浜に登場した工場地帯。

その後、新産業都市に指定され、磐城地区に大いなる活発と人口の増加をもたらしました。


昭和36年12月、堺化学工業小名浜工場地鎮祭。

昭和38年9月、東邦亜鉛 小名浜製錬所操業開始。

昭和38年12月、小名浜精錬所創立。

昭和39年6月、日本水素コークス工場開設。

昭和41年4月、小名浜石油埠頭営業開始。

昭和45年8月、日本水素アンモニア工場設立。


と、ざっと挙げてもこの10年弱の期間で次々と工場が誕生しました。

そして昭和46年5月、常磐炭礦が閉山。

かつてのいわき市長田畑金光氏は「常磐炭炭鉱が閉山したにもかかわらず、人口や市の経済が大幅な打撃を受けなかったのは、まさに小名浜港の整備と産業立地があったからに他なりません」とよく言っていたそうです。

炭鉱産業の衰退と、臨海地帯の産業活動が同時期にスライドしていく形だったのでしょう。

ちょうど、50年ほど前の出来事。いわきの、小名浜の現代史の幕開けです。


前置きが長くなりましたが、そんなことを感じながら、現代史の幕開けの雄姿を写真に収めに出かけましょう!

ラップ的に言うと、

早朝に登場 工場を撮ろう!

といったところでしょうか。


ぜひご参加下さい!


イベント情報

『KOJO PHOTO TOUR』

8/27(日)午前7:00〜午前9:00

参加費:1500円(プリント代含む)

集合場所:吹松公園

※作品は10月8日、9日開催の小名浜本町通り芸術祭にて展示いたします。

※3〜4キロ歩くので、歩きやすい服装でお越しください

※立入禁止区域などには立ち入らないようお願いします。

集合場所:吹松公園(東側駐車場)

〒971-8101 福島県いわき市小名浜吹松16



本文参考文献:小名浜沿岸域研究会著『小名浜沿岸域形成史』



イベント参加表明はこちらから!

小名浜本町通り芸術祭 2017

小名浜の本町通りで繰り広げられる市民手づくりのDIY芸術祭です。 10月8日(日)、9日(月祝)開催 10月に向けて様々なワークショップを随時開催していきます。